アレルギーのこと

《食物アレルギー②》ステロイド剤の塗布と三大アレルゲンの除去


娘には小麦アレルギーがあります。
アレルギーがわかるまでの経緯と、アレルギー外来での受診結果、治療について時系列で経過を記録しています。

今までの経緯

《食物アレルギー①》母乳によるアレルギー反応の可能性を指摘されるまで。
・生後すぐ~ 全身の湿疹が治らない。
・3m5d 湿疹に加え、呼吸がヒューヒューいうため小児科を受診するも様子をみましょうで終わる。
・3m10d 全身の湿疹と呼吸のヒューヒューが長期治らず自己判断で転院。湿疹についてはアレルギー外来の受診をすすめられる。
・3m15d アレルギー外来初受診。湿疹は食物アレルギーの可能性を指摘される。

今回の記事

《食物アレルギー②》ステロイド剤の塗布と三大アレルゲンの除去
・3m15d ステロイド剤の塗布開始。
・3m28d ママの三大アレルゲン除去開始。
・4m4d 小麦負荷試験開始。アレルギー反応がでる。

《食物アレルギー③》小麦アレルギー疑惑。小麦を除去することで、肌荒れが改善。
・4m5d 呼吸のヒューヒューが1か月以上おさまらず、小児科医から食物アレルギーかアレルギー体質による症状の可能性が高いと指摘。
・4m7d 急遽アレルギー外来受診。小麦アレルギーの可能性を指摘される。小麦除去開始。抗アレルギー剤の投与開始。
・4m21d 肌荒れが改善。胸の音もクリアに。薬の投与を一旦終了。小麦除去は継続。

《食物アレルギー④》血液検査の結果とママの小麦解禁へ。でも再びアレルギー症状が…。
・6m2d 血液検査実施
・6m15d 血液検査の結果、アレルギー数値は陰性。ママの小麦解禁へ
・6m18d 小麦解禁したとたん、アレルギー症状が。

はじめてのアレルギー外来の受診結果

はじめて受診したアレルギー外来で指摘された「食物アレルギーの可能性」。

先生はアレルギーの専門医ということもあり、症状をみてすぐに食物アレルギーの可能性を指摘されました。

先生からのお話
・湿疹の出方からして、絶対に食物アレルギーと断言できるレベルではなく、可能性が高いレベルとのことでした。
・血液検査は生後6か月にならないときちんとした結果がでない。生後6か月になったら血液検査をしましょう。
・現在の症状についてはステロイド剤を使用しましょう。
・血液検査までにママが三大アレルゲンの除去をして経過をみてみましょう。

今まで受診していた小児科ではただ「お薬を出しておきます」だけの対応だったので、アレルギー外来を受診して良かったと思いました。

3m15d ステロイド剤の使用を開始

現在出ている症状についてはステロイド剤を処方されました。

ステロイド剤は長男の時にも処方されたことがありましたが、副作用が気になっていました。

我が家は転勤族ということもあり、病院はいくつか転々としています。
いくつかの病院でステロイド剤を処方されることはありましたが、具体的な説明を受けたことはありませんでした。

今回受診した先生はとても丁寧で、ステロイド剤の塗り方や強さについてもしっかりと説明してくださったので安心して塗ることができました。

副作用を心配するママも多いけれど、きちんと薬を使用してケアをしないといつまでも治らないとの説明をうけました。

(注)あくまで私が先生から伺い理解した内容であり、医学的知識があるわけではないため参考程度にしてください。

・ステロイド剤はティッシュにつくくらいたっぷり塗る。
・塗る回数は1日に2回。
・患部がきれいになってから3~4日は塗り続け、その後は塗る感覚を次第に開けていく。

アレルギー外来を受診する前の娘は顔全体が腫れ、手足も腫れとザラザラな状態でした。

後から思えば本当にひどい症状だったと思います。
もっと早くアレルギー外来を受診できていればと後悔しました。

3m28d ママの三大アレルゲン除去へ

食物アレルギーの血液検査は生後6ヶ月にならないと、きちんとした結果がでないとのことで、それまでの間に三大アレルゲン除去をして様子をみるよう指示がでました。

・三大アレルゲンは小麦・卵・乳。
・アレルギーの場合はまず上記3つの可能性が高いため1週間ママが三大アレルゲンを除去してみる。
・大体の場合、それで娘の肌荒れはきれいになるはず。
・1週間後、2日ずつ小麦・卵・乳を順番にたしてみる。

ちょうどアレルギー外来を受診したのがゴールデンウィーク前だったこともあり、三大アレルゲンの除去は連休が終わってから始めることになりました。

アレルゲン除去は思っていた以上に大変

病院で先生からアレルゲン除去の話があった時には、なるほどーくらいにしか思いませんでしたが、アレルゲンの除去は思っていた以上に大変でした。

今まで食品表示なんて見たこともありませんでしたが、小麦・卵・乳って本当に何にでも含まれているんですよね。

今回はあくまでテストだったのでわりとゆるくやっていたので、明らかにわかりやすく含まれているもの以外は食べてしまったものもあるんですが、それでも小麦・卵・乳がダメだと食べられるものが本当にないんです。

・毎朝食べていたパン⇒小麦・卵
・毎朝飲んでいたカフェラテ⇒乳
・大好きなパスタ⇒小麦
・大好きなチョコレート⇒乳
・シュークリーム系のお菓子⇒小麦・乳・卵
・焼菓子⇒小麦・卵
などなどその他たくさん。

もちろんうどんやラーメンなど麺類もすべてダメだし、オムライスとか卵料理も一切ダメ。もうね、食べられないストレス、半端ないですよ。

私、お菓子が大好きで仕事中もずっとお菓子食べてたんです。(オフィス業務なんでお菓子食べられるんです。)
小麦がダメだとほとんどのお菓子がダメ。チョコレートには乳が入っていることが多くてダメ。

あとはミルク入りのコーヒーやカフェラテが大好きなんですが、ブラックのコーヒーしか飲めないのも苦痛でした。

もうダメダメばかりで気が狂いそうな地獄の1週間を過ごしました。

1週間たったら娘の肌がきれいに!

三大アレルゲンの除去から1週間。
先生が言った通り、娘の肌がキレイになりました。

キレイになったのは嬉しかったけど、正直複雑な気分。
これは…やはり食物アレルギー決定ということなんだろうか。

ただ、ステロイドの塗り薬も塗り始めたし、薬のおかげかもしれないよねとどこかで食物アレルギーを否定したい自分がいました。

4m4d 小麦負荷試験開始。アレルギー反応がでる。

先生からは小麦のアレルギーが一番きつい。(いろいろなものに含まれているから、制限される幅が広い)
だから1週間たったら、まず小麦から試してみるのが良いと言われていました。

ウキウキで朝から食パン♡
久しぶりの食パンはあまりのおいしさで幸せ気分でした。
そしてランチはパスタ♡

そんな幸せな気分に浸っていたのですが、授乳した直後、娘の顔がひどいことに。

素人の私でも、アレルギー症状だとわかりました。
母乳でこれだけの症状がでるって、いったいどれだけ強いアレルギーなんだろうと一気に不安になったのでした。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村